花屋選びや、花の贈り物に困ったことはありませんか?花ポットではお届け先様はもちろん、送り主様も嬉しくなるフラワーギフトをお届けいたします。

2022年 恵方花

7,700円(税700円)

購入数
*こちらの商品は2月1日・2日限定のお届けとなっております。
ご希望がない場合はおまかせで送らせていただきます。
それ以外の日程はお受けできませんのでご注意ください。

*写真はイメージです。
 花材も花器も変わることがありますのでご了承ください。
 送らせていただくタイミングで素敵なお花を選ばせていただきます!


花ポットオリジナル商品でもある「恵方花」は
易経専門家である富山県の久保有規依(くぼあきえ)さんに
監修をお願いしております。

お花と一緒に有規依さんからの
運気アップメッセージもおつけしております。


久保有規依さんの詳細ブログ


【恵方とは?】

「恵方」とは、
恵方は十干(じっかん)に従って毎年方位が決まっています。
その十干には陰(と)と陽(え)があり、
毎年陽である「え」の方にのみ恵方が定められています。
2022年の恵方は壬(みずのえ)の方角、

「北」です。
(北30度の中でも、西側10度の範囲内)


【恵方花の効果】

「恵方置き」という習慣がありますが
自宅の中でも恵みやチャンスを見る目を養うために
恵方の作用を促すために使うものです。

これをフレッシュな生花のエネルギーの力をとりいれたものが「恵方花」です。
(花ポットオリジナル商品です)

恵方を建物の中に定めることで、

チャンスを見抜く目を養い、
チャンスに乗る勇気を持ち、
チャンスを生かす知恵を得るようになります。


また、できれば「恵方参り」にも行ってどんどん運気をあげていきましょう。

*恵方参りは2月4日以降に自宅から見て750m以上離れている
 恵方の方角の神社仏閣を探しお参りに行きます。

*恵方参りに行った神社のお札や破魔矢を恵方と反対の方向に置き
 恵方に向け飾ると開運すると言われています。

【恵方置きに最適な時期】

現在の暦では、元旦の1月1日に新年を迎えますが昔は、
立春の日が新年を迎える日であったので、
本来の恵方の立ち上がりは、2月の立春以降になります。

恵方花を飾るのにふさわしい日としては、
立春、春分の日、夏至、秋分の日、
そして冬至と暦上の節目の日が挙げられます。

恵方アイテムは、恵方の位置に通年飾って置くと、
より強い効果がございます。



立春から始まる新年の運気に乗るための重要な日です。

"恵方花"を吉方位に飾って
2022年の運気をあげていきませんか?
花ポットからあなたのお手元に“恵方花”をお届けいたします。